【職種別】キャリアステップの最新事情(2)Webデザイナー

Webデザイナーとしてステップアップする3つの方向性

そろそろキャリアステップを考えたいという人のための、「職種別・キャリアアップ最新事情」。
今回はWEBデザイナーのキャリアアップ方法を紹介します。

WEBデザイナーが目指せるキャリアアップ方法としては、大きく3つが考えられます。

    1. コーディング、SEOまでできるWEBデザイナーになる
    2. フロントエンドエンジニアになる
    3. WEBディレクターになる

では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

1.コーディングまでできるWEBデザイナーになる

WEBサイトにおいてデザインも大事な要素ですが、それ以上といっても良いくらいコーディングは重要です。デザインを最大限に生かすコーディングをできることは、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を理解するだけでなく、SEOの知識も重要になってきます。SEOで有利に働くコーディングをできるWEBデザイナーは、いたるところで重宝されるでしょう。

2.フロントエンドエンジニアになる

すでにコーディング知識があるのであれば、フロントエンドエンジニアへの道もあります。
フロントエンドエンジニアとは、WEBサイトのユーザーインターフェースの仕様を、HTML、CSS、Javascriptを使って設計し実装までする仕事です。

スタイルシート、ファイルの管理方法、対応ブラウザなど、サイトの基礎となる部分の指定も行います。

WEBサイトを制作し終わってから、サイトが使いにくい、ソースがSEOに向かないコーディングである、運用しにくい、
といったことがないようにサイトを仕上げる技術面での責任者といえます。

WEBサイトの複雑化、スマートフォンなどの普及によって、これからのWEB業界でさらに求められる職種となるでしょう。

3.WEBディレクターになる

デザイナーとして、WEBディレクターの要求に応えてきた経験によって、WEBディレクターへの道へ進むことも可能です。
サイトによる事業の目標達成のため、社内外のスケジュール管理、プロジェクトの進行、調整を行います。
今までの仕事以上にアクセス解析の知識、SEO知識、全体を見渡して仕事を行うスキルが求められるでしょう。

身につけなければならないスキルも多く出てきますが、それらを身につけることができWEBディレクターとして活躍できれば、
WEBプロデューサーとしてのキャリアアップの道にもつながってきます。

制作単価が下落傾向にあるにもかかわらず、次から次へと新しいシステム技術やデザインが出現し、常にスキルアップをめざしていかなければならないWEBデザイナー。

しかし、こういった単なるデザイン作業に留まらない、プラスアルファの付加価値付けをする努力を行っていけば、次なるキャリアステップアップにも確実につながるでしょう。

【広告・デジタルマーケティング・DX専門】ハイクラス転職ならデジマージョブ

●広告代理店、デジタルエージェンシー、戦略コンサル、DX・データコンサル、
プラットフォーム、メディア、事業会社等、優良求人多数。
●中途採用情報の提供、面接対策、年収交渉など厚くご支援いたします。
※ご紹介実績が豊富にございますので、お気軽にご相談ください。