外資系広告代理店の世界ランキングに入っている企業に転職するには?

日本でもっとも大きな広告代理店と言えば電通ですが、世界の売上高別広告代理店ランキングで見ると電通は第5位。
4大メガエージェンシーと呼ばれる、4つの大手広告代理店グループがランキング上位を独占し、そこに電通を足して5大メガエージェンシーと呼ばれています。

広告代理店へ転職したいという方は大勢いますが、よりグローバルな環境で働きたい場合は、国内企業だけに限らず上記のような外資系を視野に入れると、選択肢はより大きく広がります。

今回は外資系広告代理店に転職したい方を対象に、各企業の売上高ランキング、外資系企業に転職するコツ、デジマージョブがおすすめする外資系広告代理店の求人に関してご紹介いたします。

 

【1】第1位:WPPグループ

WPPグループはイギリスのロンドンに本部を置く、世界第1位の売上を誇る広告代理店で、2018年の売上高は156億ポンド(約2.2兆円)。
107ヶ国において共同経営者を含む2,500ヶ所以上の事務所を運営しており、従業員数は130,000人以上にのぼります。

主な事業内容は、広告とメディア投資管理事業、消費者インサイト事業、広報・公務事業およびブランディング・アイデンティティ、ヘルスケアと専門通信事業の4つを展開。
代表的な傘下企業としてはオグルヴィ・アンド・メイザー、グループエム、グレイワールドワイド、ジェイ・ウォルター・トンプソンなどがあります。

 

【2】第2位:オムニコムグループ

オムニコムグループはアメリカのニューヨークに本社を置く、広告、マーケティング、コーポレートコミュニケーションにおいてグローバルに展開する大手広告代理店です。
2018年の売上高は約1.5兆円で、100ヶ国以上に対してサービスを提供しており、従業員数は70,000人以上にのぼります。

具体的には、オムニコムグループの子会社を通じて、広告企画・制作、市場調査・分析、ブランド・企業イメージ構築、メディアプランニングといったモバイルマーケティング、販促キャンペーン企画、パッケージデザイン、データベース管理などの統合的な広告・マーケティング関連サービスのほか、企業広報、危機管理広報、投資家向け広報活動、社内広報、人材募集などコーポレートコミュニケーション関連サービスの提供を行っています。

代表的な傘下企業としては、TBWA ワールドワイド、インターブランド、BBDOワールドワイド、グッドバイ・シルバースタイン&パートナーズなどがあります。

 

【3】第3位:ピュブリシスグループ

ピュブリシスグループは、フランスのパリに拠点を置き、世界100カ国以上で事業を展開する大手広告代理店です。
2015年の売上高は96億ユーロ(約1.2兆円)で、1,200以上のグループ企業を抱え、従業員数は80,000人以上にのぼります。

クリエイティビティとテクノロジーの相乗効果により、マーケティング、コミュニケーション、およびデジタル・トランスフォーメーションの領域にて世界をリードしているだけでなく、2018年には同グループの業務改善の取り組みとして、800,00人以上の従業員、1,200以上のグループ企業、200の専門分野、数千のクライアントデータを結合したAIプラットフォーム「Marcel(マーセル)」を発表するなど注目を集めています。

 

【4】第4位:インターパブリックグループ

インターパブリックグループは、アメリカのニューヨークに本社を置く、広告とマーケティングサービスを中心にサービスを提供する広告代理店です。
2018年の売上高は約1兆円で、100ヶ国以上に支社を持ち、従業員数は54,000人以上にのぼります。

代理店を通して広告宣伝、マーケティングサービスのほか、会議・イベント計画、スポーツ・エンターテイメントマーケティング、コンサルティングを提供しており、傘下にマッキャンワールドグループ、フット・コーン&ベルディング、ロウアンドパートナーズ、オクタゴン、フューチャーブランドなどがあります。

 

【5】第5位:電通

言わずと知れた日本最大の総合広告代理店である電通は、世界では第5位に位置づけされます。
2018年の売上高は約1兆円で、従業員数は62,000人以上にのぼります。

2018年の国内広告市場における電通のシェアは28.8%で1位。マーケティング、デジタルマーケティング、クリエイティブ、プロモーション、メディア、コンテンツ、PR、グローバルビジネス、ラボ/プロジェクト、ショーケースなどの事業を展開しています。
2013年には、イギリスに本拠地を置くイージス・グループを買収。
海外本社「電通イージス・ネットワーク社」をロンドンに立ち上げ、イージス・グループ傘下のエージェンシーも数多く電通グループ内に加わることになり、大きくシェアを伸ばしています。

 

【6】外資系広告代理店に転職するためには

先述したランキングに入るような巨大企業への転職、と聞くと敷居が高いように感じるかもしれませんが、これらの実態はさまざまな企業の集合体です。
クライアントの課題に合わせて多様な企業がグループ内にあるため、あなたのスキルが活かせる場所があるはずです。

ただ、もともと外資系は中途採用中心&実力主義のため、外資系広告代理店に転職するのなら、広告業界未経験の方では基本的に難しく、また英語力が求められることは間違いありません。
逆を言うと広告業界経験と英語力に自信があれば、転職の選択肢が大きく広がります。

 

【7】外資系広告代理店と国内広告代理店の違いは?

国内の広告代理店から外資系広告代理店へと転職した人の多くは、その違いに戸惑うこともあります。
たとえば、日本の広告代理店ではクライアントから得る報酬はメディア枠などを販売した際の報酬を得るコミッション(手数料制)ですが、外資系広告代理店では、人件費を中心に必要コストを前もって見積もりして、その中でプロジェクトを進めるフィー(作業報酬制)が一般的です。
予想外の高利益を出すことは少ない分、予算規模に縛られない提案が可能です。

また、日本の広告代理店よりも1人ひとりの役割が大きく成果に厳しい反面、実力がある人であれば年収やキャリアを早期に上げていくことができる環境です。

 

【8】外資系広告代理店に向いている人は?

経験としては、先述した広告業界での就労経験があり、さらにキャリアアップを目指すなら英語力を持っている方。
外資系は実力勝負ですので、若くても抜擢してくれる企業がいいという実力主義の方にはピッタリの環境です。
積極的に仕事を取りにいく、仕事を進めていくというスタイルが基本ですので、受け身な方や細かく指示をもらって働きたいという方にとってはあまり活躍しやすい環境ではありません。

厳しく成果を求められる反面、裁量も大きく自分の力を最大限発揮し、成果に対する適切な報酬を得たいという方はぜひ、外資系広告代理店への転職を検討してみてください。

 

【9】デジマージョブがおすすめする外資系代理店求人

近年、より企業のブランディングが重要視されるようになり、広告もグローバルスタンダードに沿ったものであることが求められるようになってきました。
そのため、グローバルに活動する広告代理店はエリア支社として各国へと進出したり、M&Aなどによってグループ企業としたりといった動きが活発になり、日本でも外資系広告代理店への転職の窓口が広がっています。

一口に外資系といっても、広告代理店によって募集している職種やポジションは異なりますが、ほぼすべてにおいて必要となるのがクライアントと折衝を行う職種です。
今回は、4大メガエージェンシーに属する外資系広告代理店に加え、電通の海外事業である電通イージス・ネットワークを合わせた5大メガエージェンシーの、アカウントエグゼクティブやプランナーを中心とした求人をご紹介します。

 

【10】WPPグループ「オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社」

オグルヴィ・アンド・メイザーは、1948年にアメリカのニューヨークに設立された広告会社です。
現在は世界120ヶ国に450のオフィスを構え、多種多様な企業の活動をサポートしています。
日本では恵比寿ガーデンプレイスタワーにオフィスを構え、「戦略プランニングとクリエイティブの力で課題を解決する総合広告会社」として、「ブランドの真の価値を知る人に最も高く評価されること」をミッションに、多岐に渡るマーケティング・コミュニケーションサービスを提供しています。

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社では、現在シニアアカウントエグゼクティブを募集しています。
業務内容としては、クライアントとの仲介役を果たし、社内でさまざまなタスクを進めていくために必要となる大切なポジションを担います。
具体的にはクライアント・サービスやプロジェクトの企画や管理のほか、エージェンシーの顔であるという自覚を持ち、企業のブランディングに貢献すること、ファイナンス管理、クリエイティブの連携、常に最新の専門知識を企画へ昇華させるといったことが求められます。

必須スキル・経験としては4~5年の広告代理店での就労経験がある方で、ビジネス交渉レベルの英語力などが求められています。その条件もあり、年収に関しては最大900万円と高めに設定されています。

シニアアカウントエグゼクティブ

2016.11.25

 

【11】WPPグループ「ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社」

ジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)は、アメリカのニューヨークに本社を置き、90ヶ国を超える国々に200以上の拠点を持つ広告代理店です。
日本法人は1956年に東京に創立され、現在では国内での活動はもとより、海外に進出する日本企業のコミュニケーション戦略、広告やプロモーション、マス媒体の購入から調査・分析など、ブランドに関わる全ての活動をサポートしています。

ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社では、現在アカウントエグゼクティブを募集しています。
業務内容はアサインされたプロジェクトを社内および制作会社のメンバーと協業で進行管理(コスト・スケジュール)する。
ブランド戦略の開発にも関与し、理解する。アカウントのクライアント・コンタクトとエージェンシーの関係を担当し、エージェンシーに対する満足度を確実なものにするといったことが記載されています。

応募資格としては、3年以上の広告代理店での就労経験、幅広いコミュニケーション、テレビ、プリント/OOH、インストア、デジタルの経験。特にイベント、インストア・ツールやプロモーション活動の経験が求められています。

ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社は、福利厚生が手厚く、基本的な社会保険のほかに、退職金制度、確定拠出年金、交通費全額支給、育児/介護休業制度、ストックオプション制度、団体生命保険、海外オフィスでの研修などがあるため、長期間に渡って働ける環境です。

Account Executive

2019.11.20

【12】WPPグループ「グループエム・ジャパン株式会社」

グループエムはWPPグループの一員で、世界最大のメディアコミュニケーション・エージェンシーです。
国内外の大手クライアントを多数抱え、広告プロモーション、デジタルマーケティングの総合的なメディアプランニングおよびメディアバイイングを中核としたグローバルなビジネスを展開しており、取扱額と市場シェアは世界中のほぼ全ての主要マーケットと地域でトップに位置しています。

グループエム・ジャパンでは、現在メディアプランナーを募集しています。
業務内容はナショナルクライアントのオンライン、オフラインを問わない総合的なメディアプラニング。

要件としては、シニアレベルの担当者と仕事ができること、グローバルエージェンシーの一員として、世界有数のナショナルクライアントのコミュニケーションプラニングができること、媒体の垣根を超えた総合的なプラニングができることなどがあります。
スキルとしてはコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、スケジュール管理などのほか、3年以上の広告代理店勤務経験(またはそれに値する経験)などが必要です。
英語力に関してはビジネスレベル(歓迎)また、BtoBクライアントの担当経験があると優遇されます。

メディアプランナー

2019.04.09

 

【13】WPPグループ「メディアコム・ジャパン」

メディアコムは、WPPグループ(グループエム)に属する世界有数のメディアコミュニケーション/専門エージェンシーの1つです。
世界100ヶ国以上、125のオフィスで6,500人のスタッフを有しており、Procter & Gamble、VW Group, Dell , Universal を始め、数多くの世界的企業にメディアコミュニケーションサービスを提供しています。
2015年のカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいて、6つのメディアライオンを獲得し、全てのグローバル・メディアエージェンシー・ネットワークの中で最高の成績を収めています。 

現在メディアコム・ジャパンでは、メディアプランナーを募集しています。
業務内容はスキルや経験、クライアントの特性によって決定しますが、基本的にはシニアスタッフのもとに付き、メディアプランナーとしてアカウントのSPOC役として行動し、スケジュール管理、クライアントへの連絡、企画立案、実行、報告、予算管理などを担当します。
また、マネージャーとのやりとりが発生するほか、新規事業買収などのサポート業務も担います。

必須スキルや経験としては、Microsoft Officeの中級者レベルのスキル(面接での試験あり)のほか、分析/論理的思考に基づいてクライアントを説得する能力、広告業界での経験またはそれに関連する経験などが求められます。
外資系でよくある表現ですが、セルフスターターであることは、どこの外資系企業でも求められています。

Media Planner

2019.04.09

 

【14】WPPグループ「株式会社グレイワールドワイド」

株式会社グレイワールドワイドはWPPグループに属し、世界96ヶ国、145都市にオフィスを持つインターナショナルエージェンシーであるグレイグループの日本法人です。
1963年の設立以来、生活者をユーザーに、そしてファンに変える「効くアイデア」を創造し、ブランドを成長させることに情熱を燃やすコミュニケーションカンパニーです。

現在、株式会社グレイワールドワイドはアカウントサービスの募集をしています。
業務内容はアカウント・サービス全般の業務遂行および進行管理に関連するミーティング、プロジェクト等の管理、マーケティングキャンペーンの遂行やマーケティングプラニングに関連する業務。
社内外との担当窓口や新規ビジネス開発業務への参加、必要に応じて社内外のイベント、ミーティング、トレーニング等への参加などがあります。

必須スキルや経験としては、広告代理店における3~5年の就労経験またはそれに準ずる経験。
アカウントやプロジェクトをメイン担当者として対応した業務経験、そのほかリーダーシップや戦略的思考能力、ブランドマネジメント、マーケティングプラニングに関する深い知識などが求められます。
また、必須項目としてビジネス交渉レベルの英語力があります。
敷居はやや高いですが、それに見合うよう年収は最大1000万円と高水準で、役職などがついてくるとなるとより高年収を目指せる環境です。

Account Services (AS,SAE,AE)

2019.11.28

 

【15】オムニコムグループ「Hearts&Science」

Hearts & Scienceはオムニコムグループのメディア部門である、オムニコムメディアグループのマーケティングエージェンシーです。
近年マーケティング業界で注目されている、感情をはじめとしたデータ重視のショッパーマーケティングやマーケティングイノベーション、コンテンツ活性化などに加え、専門メディアプラニング、購買能力を備えていることが特徴です。

Hearts & Scienceでは、現在メディアプランニングスーパーバイザーを募集しています。
主な業務内容は外資系エンターテイメント企業担当で、作品公開にあたり来場者数を最大化するためのコミュニケーション戦略および、提案、運用です。
必須スキルとしては、メディア経験年数3年以上、プロジェクトマネジメント能力、クライアントマネジメント能力、コラボレーション能力が求められます。
また、エンタメ、エンタメ業界の知識もしくは興味があり、積極的にアイデアを考えられる方という条件もあります。

この募集の年収は最大800万円となっていますが、Hearts & Scienceは福利厚生も充実しているので年収以上の恩恵を受けられます。
少し紹介をすると下記のようなものがあります。ハンティングウィーク(指定された5連続営業日を有給休暇とし、クリエイティビティを高めるためのインプットに当てる)、フリーバカンス(連続5日間の有給休暇)、バースデー休暇(誕生月に1日取れる有給休暇)、プレミアムフライデー(毎月第2金曜日は有給休暇)など休暇関係が充実しています。

Media Planning Supervisor【外資系エンターテイメント企業担当】

2019.11.20

 

【16】オムニコムグループ「株式会社TBWA HAKUHODO」

株式会社TBWA HAKUHODOは、2006年にオムニコムグループ内のTBWAワールドワイドと博報堂のジョイントベンチャーとして設立された総合広告代理店です。
博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」とTBWAかグローバル市場で駆使してきた「DISRUPTION(R)」メソッドを中心とした独自のノウハウを融合。
質の高いソリューションを創造し、クライアントのビジネスの成長に提供しています。

現在、株式会社TBWA HAKUHODOではアカウントエグゼクティブを募集しています。
業務内容は博報堂の知見とTBWAネットワークから得られる情報を活かしながら、グローバル企業のコミュニケーション施策の立案と推進を担当します。
必須スキルや経験としては広告コミュニケーション領域の業務経験のほか、クリエイティビティを持っている方とシンプルです。
英語力に関してはビジネスレベルが歓迎要件です。

Account Executive(保険系クライアント担当)

2019.10.10

 

【17】インターパブリックグループ「株式会社マッキャンエリクソン」

株式会社マッキャンエリクソンは、1960年にインターパブリックグループ内のマッキャンエリクソンワールドワイドと博報堂との合弁で設立された広告会社で、1994年にマッキャンエリクソンワールドワイドが株式の100%を取得しました。
国際広告会社としての地位を築いており、クリエイティブやメディアサービスにおいてトータルなコミュニケーション、ブランドの構築といった分野で実績を残しています。

株式会社マッキャンエリクソンでは、現在アカウントマネージャーを募集しています。
業務内容は国内外大手クライアントの総合コミュニケーションコンサルティングや、TVCMやデジタルコンテンツ、メディアをはじめとした開発、メディアバイイングにおけるマネジメント、その他PR・店頭施策・有名タレントのマネジメントなどがあります。
必須スキルとしては、課題解決型の営業経験や広告・マーケティング・メディア業界での就労経験のほか、高いマネジメント能力が求められています。

提示されている年収は最大900万円ですが、こちらもほかの外資系企業と同じく福利厚生や休暇に関する制度が豊富です。

 

【17】インターパブリックグループ「株式会社クラフトワールドワイド」

株式会社クラフトワールドワイドは、こちらもインターパブリックグループ内の、マッキャンワールドグループの一員です。
プロダクション業務に特化した制作会社で、グラフィックをはじめ、TVCM、イベント映像、インタラクティブ、イメージプロセッシングなどを主な業務とし、精鋭のクリエイター集団によって、高いクオリティのクリエイティブを提供しています。

株式会社クラフトワールドワイドでは、現在アカウントエグゼクティブを募集しています。
主な業務内容は、各種スタッフやグループ会社と連携を取りながら、クライアントのビジネを成功に導くための広告コンテンツ・制作業務に関係するアカウント・サービス業務です。
新規案件においては、獲得のためのプロジェクトマネジメントなどもあります。
海外とのやりとりも多くなってくるため、ビジネスレベルの英語と海外との交渉・調整能力があれば活躍できます。

必須スキルとしては、営業経験が3年以上、各種広告・メディアに関する知識、コミュニケーションおよびプレゼン能力、交渉力、コンサルテーション力が求められます。
外資系企業特有の手厚い福利厚生のなかでも、同社はミールバウチャー支給やベビーシッター割引といった特徴的なもの含まれています。

Account Executive~Supervisor ※大阪勤務

2019.11.20

 

【18】電通グループ「アイプロスペクト・ジャパン」

iProspect(アイプロスペクト)は、1996年にアメリカのマサチューセッツで創立され、電通グループのグローバルエージェンシー・ネットワークである電通イージス・ネットワークに属するデジタルパフォーマンス・マーケティングエージェンシーです。
日本法人であるアイプロスペクト・ジャパンは検索エンジン・マーケティングで、クライアントのマーケティング活動の効果と効率を向上させることを目的とし、クライアントのWEBサイトを訪問する「見込み顧客(プロスペクト)」の質と量を向上させ、結果として接触機会や売上を最大化させるサービスを提供しています。

アイプロスペクト・ジャパンでは、現在アカウントプランナー(グローバル)の募集を行っています。
業務内容は外資系グローバル企業のデジタル広告を担うアカウント担当者として、世界最大規模のデジタル・エージェンシー・ネットワークを舞台に、国内外のチームと連携し、世界有数のグローバルクライアントとのプロジェクトを成功させます。

必須スキル・経験としてはデジタル広告のプランニング経験、デジタルメディアに関する基礎的な知識。
クライアント・マネジメントやチームマネジメントなどがあります。
同社の案件の6割ほどがグローバル案件のため、ビジネスレベルの英語力が必須ですが、福利厚生に英語のグループレッスンなどがあるため、少し不安な方でもこれを機会に英語力を見直せる環境があります。

Account Planner (Global)

2019.05.09

 

【19】電通グループ「カラ・ジャパン」

Cara(カラ)は、1968年にフランスで設立され、現在では電通イージス・ネットワークの中でもメディアコミュニケーションに特化した、最先端のプランニングと世界最大規模のバイイングを行うメディアエージェンシーです。
カラ・ジャパンは、日本におけるマーケティングコミュニケーションのプランニングのプロ集団として、2003年12月に設立。カラ独自のユニークなツールやメソッドを用いて市場やブランド、消費者に対する深い洞察を導き出し、主要グローバル企業に有効な戦略やソリューションを提供しています。

カラ・ジャパンでは、現在アカウントリードを募集しています。
業務内容はクライアントの目標や期待値、タイムラインを管理し、社内メンバーへ指示出しを行う。
クライアントがメディアKPIや戦略を立てられるようにサポートするなど、クライアントと社内の専門スタッフの橋渡しとなり、プロジェクトを成功に導く役割です。
また、アカウントを拡大していくというよりも、クライアントのニーズを汲み取りながら最適なプランを出して行くということが多いので、メディアプランナーとしての要素が強いポジションです。

必須スキルや経験としては、大学卒以上でプランニング系経験が必須。
また、広告に対して情熱があり、高いコミュニケーション能力を持っていること。
高い問題解決能力を有し、独創的に物事が考えられる人といったものが提示されています。
この求人に関しては年収最大1200万円と高めに設定されているほか、勤務形態にフレックス制が採用されているといったところが特徴的です。
また、残業時間に関しては平均約20時間程度、多い時で30時間程度です。

アカウントリード

2019.11.28

 

【20】電通グループ「電通アイソバー」

電通アイソバーは、電通イージス・ネットワークの日本市場における戦略会社で、戦略立案、コンサルティング、システム開発に必要なソリューションをワンストップで提供する、フルサービスデジタルマーケティングエージェンシーです。
国内最大手の「電通」と世界45ヶ国に展開するデジタルエージェンシー「Isobar(アイソバー)」の2つのDNAを持っており、国内最先端のデジタルマーケティングノウハウとグローバルなネットワークでクライアントのビジネスの成功を導いています。

電通アイソバーでは、現在デジタルアカウントエグゼクティブを募集しています。
業務内容は直取引での国内外ナショナルクライアントのアカウント業務です。
クライアントの抱えるビジネスの課題を解決するために、コミュニケーションに関連するさまざまなソリューションを提供します。
デジタルマーケティングの企画立案、予算管理、スケジュール管理、クオリティ管理など、プロジェクトの最初から最後までを担います。

必須スキルや経験に関しては総合広告代理店、デジタルエージェンシー、デジタル系制作会社のいずれかでのアカウント経験。
チームマネジメント経験、社内外と連携するプロジェクトの遂行経験などが求められます。

電通アイソバーの福利厚生は手厚く、基本的な社会保険のほか社内カフェ、社内ライブラリ、ビザサポート、電通グループ研修、語学学習支援制度、オンライン教育プログラム、海外広告賞への参加、海外拠点での業務研修などがあります。

デジタルアカウントエグゼクティブ

2019.04.10

 

【21】まとめ

紹介したような外資系広告代理店への応募は、オフィシャルサイトから募集要項を確認することができますが、応募する前にもっと詳しく会社のことを知りたいという方や、自分のスキルや経験に応じて最も活躍できる企業はどこかなど、比較・検討してみたい方は転職エージェントを利用することをオススメします。

デジマージョブでは、上記の求人情報のほかにもさまざまな外資系広告代理店の求人を扱っており、より詳しい募集要項や面接の流れなどをお伝えすることができますので、興味があればぜひご連絡ください。

(ランキング順位出典:AdvertisingAge,AGENCY REPORT 2016)

【広告・IT・WEB業界専門】
ハイクラス転職ならデジマージョブ

あなたの<未来をアップグレードする>転職をご支援します。
●年収750〜1500万円までのハイクラス求人
●年収2500万円までのエグゼクティブ求人
[※国内・外資系・広告代理店・アドテク・スタートアップ・事業会社・メディア等]