異業種転職を考える人のための インターネット&マーケティング業界 ・職種別適性チェック

WEBディレクターの適性をチェック

全くの異業種からインターネット、WEB業界へ転職したい。
そんな方のために、WEB業界の職種別に、仕事内容、求められるスキル、
適性について解説していきます。今回は「WEBディレクター」です。

WEBディレクターの仕事内容

  • WEBサイト作成、運用に関するプロジェクトまたはチーム管理
  • WEBサイト全体の仕様策定
  • UI、UXデザインの使用策定
  • コーディング、システム開発などのスケジュール、予算、クオリティ管理
  • ローンチ後の運用中方法策定
  • アクセス解析や更新作業のディレクション
  • 他社、他部署との連携、調整

など、WEBディレクターの仕事は多岐に渡ります。
主に全体像を策定し指揮し調整することが多く、自らが実制作に従事することも多々あります。

WEBディレクターに求められるスキル

  • 作ったサイトを毎日問題なく稼働させつつ、当初の目的を達成しているか解析し、さらなる改善施策を出す運用スキル
  • サイトに流入させる戦略・戦術を考え、実施するマーケティングスキル
  • プロジェクトを動かすリーダーとしてのスキル、交渉力

などが求められるでしょう。

    また、マーケティング担当やシステム開発担当、デザイナーなどと会話がスムーズにできるよう、HTMLやCSS、Photoshop、Illustratorなど最低限のWEBに関する知識をもっていることも重要です。

未経験OKの募集の場合
WEBディレクターとしての実務経験がなくても問題はありませんが、他部署や他社へのプレゼン、調整の仕事が不可欠のため、コミュニケーション能力が非常に重視されるでしょう。サイトを問題なく稼働させていくためのチーム運営能力も大切です。

    • そのため、営業経験やチームマネジメント経験、プロジェクト運営経験は非常に価値ある経験となります。

 

    なお、未経験の場合でもWEBの知識は必須となります。

WEBディレクターの適性チェック

    • スケジュールをしっかり管理できる方
    • 課題解決、提案が好きな方
    • 新しい知識や技術を吸収し新しい提案へと結びつけるのが好きな方
    • 作成したものに対して責任を持ち、常によりよくしようと考え続けることができる方
    • イメージを形にするのが好きな方
    • 細かい作業に苦手意識がなく、細かいミスにも気づくことができる方
    • コミニュケーション能力が高い方
    • 調整などがうまくいかなくても、めげずにローンチにこぎつける意志のある方
        WEBディレクターという資格が必要なわけではありませんので、誰でもめざせる仕事ではあります。それでも、WEBに関する最低限の知識は必須です。全くの未経験で異業種からWEBディレクターをめざしたい場合は、最初からディレクターの求人ばかりを探すのではなく、WEBディレクターの下で働けるサイト運用やコンテンツ制作などの仕事も視野に入れたほうがいいでしょう。

広告・IT・WEB業界専門ハイクラス転職ならデジマージョブ

あなたの<未来をアップグレードする>転職をご支援します。
― 年収600〜1000万円までのミドルクラス求人
― 年収1,000万円以上のハイクラス求人