企業のタイプで変わる!デジタル・マーケティング業界で求められる人材

「デジタルマーケティング職で転職する」といってもそこに含まれる企業のタイプはさまざまです。Webサービスの会社と、リアルで展開している事業にWebを活用している会社。自社サービスを展開している事業会社と、広告代理店やコンサルティングファーム、制作会社のように、他社からのオーダーを請け負う会社。これらのタイプによって、必要なスキルや専門性の高さは異なり、求められる人材は大きく変わってきます。

Webサービスの会社は、クリエイター、デザイナー、サイト監視、システム開発などのWeb関連の人材を自社で抱えていることが多く、求められる専門性も高くなります。

一方、飲食や物販などリアルで勝負する「非Web系」の会社は、自社サイトを外部の制作会社にアウトソーシングするケースが多く、求められる人材像は「Webよりも自社の業界に精通し、協力会社をディレクション・管理できる人」がメインです。

自社サービスを持たないWebの広告やクリエイティブを扱う広告代理店、制作会社、コンサルティングファームは、世の中のWebサイトや広告商品、ソリューションに対する幅広い知識が要求されます。

中堅以上の企業は営業、制作など分業制になっており、募集職種によって求められるスキル・経験は変わります。

営業であれば自社/競合の商品知識、顧客のニーズを汲み取って適切なプランを提案する力、コミュニケーション力、売上目標達成力など。
デジタルマーケティングの担当であれば、Web広告など集客手法に関する知識・ノウハウとデータ分析スキルなど。

サイト制作なら、デザインやライティングができるか、あるいはディレクターとして指示・進行できるスキルが必要か。
スマートフォンに対応するメディアを作るために必要なことや、ブログやSNSを管理・運営するノウハウ、SEOに関する知識なども求められるでしょう。

小さな会社であれば、専門性が深いことよりも、制作、マーケティング、システムの発注業務をひととおりできるなど、さまざまな業務に対応できることがより重視される場合もあります。

自分が何がやりたいのか、現在はどんなスキルがあるのか、将来はどんな人材をめざすのか、入りたい会社のタイプはどれなのか。
スペシャリストか、ゼネラリストか。ディレクターか実制作か。

デジタル・マーケティング業界で転職しようと考えるなら、求人情報を探す前に、自分の適性や志向を整理しておくことをおすすめします。「何をやりたいか」だけでなく、「どこで」「どのように」まで考えて、自分に合った企業を効率的に選びましょう。