【広告業界での転職】アカウントプランナーとは

(1)アカウントプランナーの仕事とは

単なる営業ではない「企画営業」

アカウントプランナーは、一般的な「広告営業」とは異なる職種です。広告営業が媒体上の広告スペースそのものを売る仕事であるのに対し、アカウントプランナーはそのスペース上にどのような広告を掲載するのが最も効果的なのか、広告主と共に考え企画や提案までを行う仕事です。

広告を出すこと自体ではなく「どのような広告を出せば売り上げにつながるのか」という戦略を練るところがポイント。広告の制作や運用、コンサルティングなど、その業務内容は多岐に渡ります。

もちろんアカウントプランナーが広告の制作から運用まですべてを一手に引き受けるのではなく、web制作ならデザイナーやエンジニア、メディア運営ならメディアディレクターやマーケターなど、様々な職種と連携して進めていきます。

 

(2)アカウントプランナーのやりがい

自分の立案した企画によって広告主の課題を解決できることが一番のやりがいといえるでしょう。広告運用に悩む企業は多く、そうした悩みを広告主と共有し、協力して解決できたときの喜びはひとしおです。その過程で広告主との間に信頼関係を築くことも、自信ややりがいにつながるはずです。

 

(3)アカウントプランナーの年収はどれくらい?

経験や実績によるものの、インセンティブも充実

年収:400万円~900万円程度
ほかの分野の営業職と同程度の給与水準です。営業職は成績が賞与に直結するため、会社に貢献する大きな実績をあげれば、基本給以外の面でも収入を大きく増やすことができます。

年収の目安

国内web制作企業 600~900万円
国内広告代理店 500~700万円
国内事業会社 800~1000万円
国内デジタル/ネット専業広告代理店 800~1500万円
*当社調べによるもので、必ずしもこの限りではございません。

 

(4)求められるスキル

広告・マーケティングに関する知識や関心

売上につながる効果的な広告戦略を打ち出すには、多種多様な広告媒体それぞれの特徴を理解していることが重要。近年ではインターネット広告等、広告媒体は時代に応じて変化するものですので、常にそうした動向に興味を持ち、最新の知見を身に着ける必要があります。

コミュニケーション能力

営業職といえばコミュニケーション能力、と言っても過言ではないほど重要なスキルです。広告主の扱う商品やサービスについて理解することはもちろん、広告主の要望をヒアリングして課題を把握するなど、「聞く力」が必要になる場面も少なくありません。社内で関係者と密にコミュニケーションを取ったうえで広告主に提案をしていくことになるため、自身の考えを「伝える力」も重要になります。

企画力

企画立案能力があってこそ、広告主や社内関係者とのコミュニケーションが生きてきます。ヒアリングを基に、課題を解決するためにどのような企画を提案できるか。アカウントプランナーの腕の見せ所です。

 

(5)アカウントプランナーになるには?

営業はもちろん様々な職種の経験が活用可

特に法人営業など営業職の経験は歓迎されやすい傾向にあり、企業によっては必須経験として定めている場合も。とはいえどんな職種であれ、経験の活かし方は様々。自身の経験をどのようにして生かすことができるかをじっくり考える思考力も、アカウントプランナーにとって大切な能力の一つです。

実際の業務に関連する分野として、広告・マーケティング業界での経験のみならず人材業界での経験、そして実際に広告運用やイベントプロデュースを行った経験が歓迎されることもあります。

 

(6)アカウントプランナーのキャリアパス

比較的新しい職種でありながらアカウントプランナーの求人は増加傾向にあり、それだけこの職種が世の中から求められていると考えることができます。テクノロジーの発展と共にマーケティング戦略が多様化したことや、企業がブランディングへの高い意識を持つようになったことなどが、その背景となっています。

【広告・IT・WEB】ハイクラス転職ならデジマージョブ

あなたの<未来をアップグレードする>転職をご支援します。
●年収750〜1500万円までのハイクラス求人
●年収2500万円までのエグゼクティブ求人
[※国内・外資系・広告代理店・アドテク・スタートアップ・事業会社・メディア等]