セールスフォース・ドットコムの営業(アカウントエグゼクティブ)転職するには?気になる平均年収や選考プロセスなどの採用情報をチェック

近年、企業が保有する顧客データや情報を活かしたデータマーケティングが注目され、顧客の囲い込みが激しくなっているなか、いち早くこの分野の重要性に気づき拡大の一途を辿っているのがセールスフォース・ドットコムです。

今回は、CRM/SFAの分野で世界トップシェアを誇るセールスフォース・ドットコムへ営業(アカウントエグゼクティブ)として転職したい方に役立つ、平均年収や募集職種、採用フローなどをご紹介します。

 

 

【1】セールスフォース・ドットコムとは?

セールスフォース・ドットコムは、1999年にアメリカのカリフォルニア州で設立されたクラウドコンピューティングサービスを提供する企業です。メインはクラウドを活用したCRM(顧客関係管理ツール)やSFA(営業支援システム)を提供しており、シェアはCRM/SFAの分野で世界一。現在では一般的となったSaaS型ビジネスのパイオニアとも言われています。

日本法人の株式会社セールスフォース・ドットコムは2000年に設立。現在、1500人の従業員(2019年4月時点)を抱え、東京、名古屋、大阪、福岡にオフィスを展開しています。

また、セールスフォース・ドットコムは日本国内企業のデジタルトランスフォーメーション支援を強化する目的で、営業、アライアンス、エンジニアリング、カスタマーサクセスおよびマーケティングなどのすべての組織において、2024年までに最大2,000人を増員し、3,500人規模にすると発表するなど、採用に力を入れているので求職者にとってはチャンスです。

 

 

【2】セールスフォース・ドットコムに転職するメリットは?

やはり、世界No.1を誇るサービスの強さがあげられます。CRMやSFAはほぼすべてのビジネスに共通して必要となるものですので、あらゆる業種や規模に対応できるよう設計されており、クライアントの課題や用途に応じたカスタマイズ、より効果を出すためのプロダクトの提供などに対応できるため、本質的な課題解決を提案できます。

また、クライアントのビジネスの根幹に携わることになるので、より重要になってくるのがクライアントのビジネスモデルの理解。その性質からコンサルティングの要素もかなり強くなってきます。業種や規模もバラバラのさまざまなビジネスに触れることは営業職としても、コンサルティング職としても、キャリアとして大きくステップアップできます。

 

 

【3】セールスフォース・ドットコムの営業組織はどんな感じ?

セールスフォース・ドットコムの特徴として、営業が徹底的に合理化されているということがあります。リードからの商談化はインサイドセールスが行い、商談からクロージングが営業(アカウントエグゼクティブ)の仕事。そのなかでもクライアント規模に応じて担当が分かれるなど、完全分業化されているので一般的にアポから商談、クロージングまで、すべて1人でやるよりも高い生産性を出せます。

また、営業組織としてトップセールスマンを作るというよりも、できる人がやっていること平準化し、システムとして組み込むことで全員の生産性を最大化させるという方針です。その役割を果たすのがやはり”セールスフォース”です。

すべての顧客情報や商談進捗などはセールスフォースを使って管理されていますので、自身の成績などが数値としてリアルタイムで反映されます。そして、自分に足りていないものは何か、次にやるべきことは何かというのが明確になるのでより合理的に商談を行うことができます。

 

 

【4】セールスフォース・ドットコムに転職すべき人は?

セールスフォースはその性質上クライアントのIT部門だけでなく、ビジネス部門の責任者や代表との商談になることも多いです。「より役職の高い人との商談を経験したい」「クライアントの会社を大きく変えるような仕事がしたい」という方にはピッタリの環境です。

また、今でこそ普及してきましたが、セールスフォース・ドットコムのビジネスモデルは従来の売り切りのソフトウェア販売とは異なり、一定期間の使用を継続させることで利益を出すサブスクリプションモデル。そのため、クライアントに継続してもらうにはサービスを提供したクライアントの満足=成功が鍵を握っているため、真摯に向き合うことが重要です。「クライアントに対して本質的なソリューションを提供したい」「クライアントのビジネスを成功させる経験を積みたい」と思っている方にもおすすめです。

営業職を極めたいという方にもおすすめです。「さまざまなビジネスモデルに触れ、その最大化の方法を考えたい、学びたい」、「営業としてハイスキルなメンバーと切磋琢磨したい」といった考えもセールスフォース・ドットコムなら実現できます。

 

 

【5】セールスフォース・ドットコムで扱うサービスや製品は?

セールスフォース・ドットコムはCRM/SFAを主軸に、さまざまな用途に応じたサービスを提供しています。営業(アカウントエグゼクティブ)に求められることは、クライアントの課題をこれらのサービスを組み合わせて解決し、成功へと導くことです。

そのため、セールスフォース・ドットコムはサービスや製品の拡充などには積極的で頻繁に他社のサービスを買収するなど、勢力的に拡販を続けています。

【5-1】Sales Cloud

CRMとSFAがパッケージとなったセールスフォース・ドットコムの主力サービスです。基本情報だけでなく、いつ誰がどんな対応をしたかといった活動を記録することで全員が同じレベルで顧客理解を深めることができる顧客管理機能。商談の進捗記録はもちろん、KPIの管理、それを可視化できるレポートやダッシュボードといった機能で会社のビジネスを支えます。スマートフォンにも対応しており、クラウドの強みを活かして外出先でも閲覧や更新が可能というメリットもあります。

また、Sales Cloud Einsteinというサービスもオプションで使用可能です。Sales Cloud EinsteinはSales Cloud内の受注した商談と失注した案件の違いを見分けることでデータを蓄積し、進行中の案件と照らし合わせることで優先順位や次にやるべきことを提示してくれる人工知能です。

【5-2】Salesforce Marketing Cloud

顧客1人ひとりに包括的な1つのビューを構築することで、One to Oneマーケティングを強化します。ややBtoC寄りに作られており、たとえばとある店舗での顧客情報を全社で共有し、別の店舗に訪れた顧客に前回の情報を踏まえた提案を行うといった場合に役立ちます。そのほか広告、マーケティング、コマース、セールス、サービス、アプリのすべてにわたり、ブランドとのタッチポイントや履歴を統合して管理することができます。

【5-3】Salesforce Pardot

2013年にセールスフォース・ドットコムが買収したマーケティングオートメーションツールです。ややBtoB寄りに作られており、リードの増加、セールスの促進、生産性の向上に貢献します。具体的には設定した条件や見込み顧客の行動に基づいてメールを送信したり、見込み顧客のWEB上の動きを追って記録、アクティブな状態を可視化したりといった用途に使えます。

【5-4】Service Cloud

カスタマーサービスに重点を置いたサービスです。顧客の包括された情報管理はもちろんコールセンターの管理やサポートとのライブチャット、ナレッジベース、セルフサービス型のコミュニティの構築、AIチャットボットなどで顧客満足度の向上に務めます。

【5-5】Community Cloud

Community Cloud は、顧客やパートナー、社員が必要なデータやレコードにアクセスできるようにするためのオンラインソーシャルプラットフォーム。限られたコミュニティの情報共有や交換などに使われます。社内ポータルや社内SNSを構築できたり、顧客とのコミュニケーションを図るサイトとして利用できます。

【5-6】Chatter

クラウド型のソーシャルネットワークサービスです。 メッセージによる社内コミュニケーションや情報、ナレッジの共有、顧客とのコミュニケーションやアンケートの実施などに利用できます。

【5-7】Salesforce Platform

CRMやSFA用のカスタムアプリケーションの開発ができるサービスです。プログラミングの知識がなくても、ある程度カスタマイズができるよう設計されており、業務や組織に応じて最適なアプリケーションを開発し、反映させることができます。

 

 

【6】セールスフォース・ドットコムの中途採用の募集職種は?

冒頭にも記載したように、現在セールスフォース・ドットコムは日本国内での採用に積極的で2024年までに2,000人の増員を目指しています。その中で最も募集人数が多いのが営業(アカウントエグゼクティブ)です。その募集要項に関して詳しく見ていきましょう。

【6-1】Marketing Cloud Account Executive

アカウントエグゼクティブは、大手企業もしくは中小企業向けの営業チームに所属し、新規及び既存顧客に対してマーケティング、インサイドセールス、プリセールス、チャネルセールス、パートナー等と協調しながら、Marketing Cloudを活用したクラウドソリューションを提案します。 また、Marketing Cloudのみならず、CRMと連携してMarketing Cloudをマルチクラウドでの提案も行います。 製品ではなくサービスを顧客に提供し、顧客のビジネス変革や課題解決のための提案活動に集中することができます。 

必要な経験としては、大手または中小企業向けITソリューション(ソフトウェア・SIなど)の営業経験かコンサルティング経験5年以上と、外資系のためハードルは少し高めです。また、目標達成のため、営業プロセスを確立し、実践している方という要件もあります。

ほかには、デジタルマーケティングまたは、マーケティングオートメーションに知見のある方。特定顧客へのアカウントプランの立案・実行等戦略的な顧客攻略の経験IT部門だけでなく、ビジネス部門の担当者および役員への直接提案の経験等があることが歓迎要件とされています。

また、英語スキルの有無に関しては不問とされていますが、外資系企業のため英語でのコミュニケーション能力があると有利に働きます。

【英語不問※最大2000万円】Marketing Cloud Account Executive

2019.02.20

 

【7】セールスフォース・ドットコムの相場・平均年収は?

相場や平均年収は公式には提示されていませんが、市場に比べて非常に高いです。デジマージョブの独自調査で算出したところ、営業職30代の場合でおよそ830万円と高い水準になっており、同業他社の同タイトル職とくらべて200万円〜300万円ほど上です。

また、営業職はインセンティブ制度があるため、成績に応じてより高額な年収に達することも多く、30代で年収2,000万円に達する方もいます。インセンティブの割合が大きい分、ベース給が低いといわけでもなく、ベース給のみで他社平均年収と同等で、そこにインセンティブが乗るといったイメージのため、給与に関してはほとんどの方が満足しているという回答が多いです。

転職で中途入社する場合はスキルや経験、前職での実績、役職、給与が考慮されます。いきなり提示年収が跳ね上がるということは少ないようですが、前述したようにインセンティブがあるため、提示される想定年収を大きく超えること少なくありません。また、福利厚生なども充実しているため、額面以上の恩恵も受けられます。

 

 

【8】セールスフォース・ドットコムの福利厚生や働く環境は?

セールスフォース・ドットコムは社員への投資にも積極的で、働きやすい環境作りや福利厚生などにも力を入れています。

基本的な社保険はもちろん、確定拠出年金(401K)、持ち株制度のほか、オフィスはドリンク、軽食無料、予約制無料マッサージが受けられるマッサージルームなどを完備。

また、特徴的な取り組みとして、ボランティア活動を推奨しており、土日でボランティアを行った場合は代休が付与されるといった制度もあります。

また、個人に対しても、健康を維持するためにジムやフィットネスに通う場合は月1万円を支給。スキルアップ(英会話なども含む)に繋がるスクール代や有償セミナー費用など年間50~60万円まで支給するなど、さまざまな支援を受けられます。

 

 

【9】セールスフォース・ドットコムの面接内容や選考プロセスは?

セールスフォース・ドットコムの選考プロセスは書類選考+面接(2~3)→内定となります。年齢に関する項目ですが営業(アカウントエグゼクティブ)は長期勤続によりキャリア形成を図るため、年齢は25~45歳とされていますので注意が必要です。

面接は中途採用となるので、基本的には今までの実績などが重視されます。それに加え、営業(アカウントエグゼクティブ)の場合は営業としての資質が見られるため、プレゼンを求められることもあるようです。また、セールスフォースに関する質問も多くなるので、企業分析やサービス・製品に関する知識をつけることも重要です。

面接の内容はその時々により変わりますので、最新の情報を知りたい場合や企業分析に困ったら転職エージェントに相談するのもおすすめです。

 

 

【10】セールスフォース・ドットコムへの応募方法は?

セールスフォースのオフィシャルサイト内に各職種の応募フォームがあるので、そこから応募可能なほか、定期的に大手転職サイトに求人を出していることもありますが、一番確実なのが、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは会社の情報はもちろん、募集職種のなかでどれが一番適しているか。どんな選考フローなのかといったアドバイスのほか、面接のスケジュール設定などもやってくれます。

それ以外でも、転職のパートナーとして、上記で出てきた自己分析やスキルの棚卸しなどの相談やサポートを行ってくれますので、転職を成功させる確率を高くするためにぜひデジマージョブの利用を検討してみてください。

【広告・IT・WEB業界専門】
ハイクラス転職ならデジマージョブ

あなたの<未来をアップグレードする>転職をご支援します。
●年収750〜1500万円までのハイクラス求人
●年収2500万円までのエグゼクティブ求人
[※国内・外資系・広告代理店・アドテク・スタートアップ・事業会社・メディア等]