デジタルマーケティング業界の転職で年収を上げるためのポイント

デジタルマーケティング業界で転職によって年収を上げるためのポイントを解説します。

A.  現職でスキル・経験を積み、成果を上げる

現職でスキル・経験を積み専門性を高めておくことは転職の際に重要になります。特に20代においては、短期間で安易に転職をしてしまうと専門性が身に付かず転職市場においても価値が上がりにくくなってしまいます。現職でしっかりと専門性を高めることを20代においては特に重視しましょう。
30代においては専門性の高いスキル・経験に加えて明確な「成果」を実績として求められてきます。募集ポジションによってはマネジメント経験も求められます。
いまは転職を考えておらず、いずれ転職するという場合にも、現職でしっかりとスキル・経験を積み成果を上げることが重要です。

B. 転職して年収を上げる

安易に短期間での転職をすることは長期のキャリアを損ねてしまう可能性がありますが、とはいえ現職での年収アップはその企業の人事評価制度上の昇給幅が限界となってしまいます。大きく年収を上げていくためには転職も手段となります。あなたのスキル・経験に対して現職の企業以上に評価してくれる企業に転職することで、年収が上がる可能性があります。

B-1. 自身のスキル・経験を棚卸しして、転職可能性・年収相場を知る

まずは、あなた自身のスキル・経験を棚卸しし、転職市場においてどのような企業の求人があるか・どの程度の年収になる可能性があるのかを知ることが重要です。自身で求人を探すことである程度は市場感を掴めるでしょう。ただし求人には非公開のものも多いため、本当にあなたのスキル・経験に沿った求人を知るためには、業界に精通した専門の転職エージェントに相談するのがおすすめです。あなた自身も意識していなかったスキル・経験が意外な求人の応募機会につながる場合もあります。

デジタルマーケティング業界の求人を探す

デジタルマーケティング業界専門の転職エージェント DigiMarJobに相談する

B-2. 年収が上がりやすい業界・企業を選ぶ

年収を上げるためには、転職先が成長市場であるか、成長企業・好業績企業であるかが重要になります。市場自体の成長性が低い、あるいは縮小中の市場では構造的に年収が上がりにくいといえます。企業も同様に、低成長の企業は好条件が出にくい一方、高成長・好業績の企業は良い人材を確保して成長を加速しようとするため、高年収で積極的に採用を行う企業が多くなります。
広告業界のなかではデジタルマーケティング/DX領域がいま大きく成長している領域です。この領域での経験がある方は、いまが転職を検討する良いタイミングかもしれません。

また長期で年収を上げていくためには、より上流の企業を選ぶ、あるいはそこを目指していくことも重要になります。デジタルマーケティングの業界で長期でキャリアを形成していく例として、以下のようなキャリアステップがあります。

コンサルティングファーム:
デジタルエージェンシー → 中堅デジタルマーケティングコンサルティングファーム → 大手総合コンサルティングファーム

プラットフォーム:
国内デジタルプラットフォーム → 外資系デジタルプラットフォーム → メガプラットフォーム(GAFA等)

広告代理店:
新興デジタルエージェンシー → ネット専業デジタルエージェンシー → 大手総合広告代理店 デジタル部門

デジタルエージェンシー ~ 事業会社:
ネット専業代理店 → 大手総合広告代理店 デジタル部門 → 事業会社デジタルマーケティング部門

長期のキャリアを戦略的に形成するためには、このような考え方で企業を選ぶことが非常に重要です。戦略的選択として、時には待つことが必要になるかもしれません。近視眼的な転職でなく、長期でのキャリア形成をお考えの方はぜひDigiMarJobにご相談ください。
デジタルマーケティング業界専門の転職エージェント DigiMarJobに相談する

また、外資系企業は給与水準が比較的高い傾向があります。同水準のレイヤー/職務内容のポジションであっても、外資系企業は日系企業に比べて1.2~1.5倍程度年収が高い場が多くあります。
これまで日系企業の経験しかない場合でも、専門性の高いスキル・経験に加えて英語力(ビジネス会話、読み書き)があれば挑戦可能です。ポジションによっては専門性の高いスキル・経験があれば、英語力は、そこまで求められない場合もあります。ただし、その場合でも英語力の最低限の目安はTOEIC 700点以上はあった方が良いでしょう。

DigiMarJobでは外資系企業の紹介実績も豊富で、多くの求人を保有しています。専門性に加えて英語力にも自信がある方はぜひご相談ください。
デジタルマーケティング業界専門の転職エージェント DigiMarJobに相談する

B-3. 複数社の内定を得る・年収交渉をする

転職活動では複数社の選考を並行して行い、複数社の内定を得ることが重要です。複数のオファーから、年収だけでなく職務内容やその他の条件を併せて比較検討できることが大きなメリットになります。また、あるオファーが「職務内容は良いが提示年収がやや低い」といった場合に、他社のより高い提示年収を根拠に年収交渉をすることも可能になります。
年収交渉は「年収を強く重視する候補者」と見られてしまうデメリットもあるため、転職エージェントを通して行うのがよいでしょう。複数社の選考を並行するのも、現職で働きながら自身で複数社と調整するのは大変ですので、これも転職エージェントを通してスケジューリングしてもらうのが便利です。

B-4. 内定企業の給与制度をしっかり確認する

内定企業の給与制度をしっかり確認することも重要です。各種手当、残業代、業績連動賞与、評価・昇給、退職金、福利厚生 等は企業によって大きく異なります。
各種手当や業績連動賞与等を含めて総合的に見ると、実は提示年収が低い方のオファーが逆転して高い場合、直近の年収は低くても昇給率や退職金制度などを長期で計算すると逆転する場合もあります。提示された額面年収だけでなく、これらの要素をよく確認しましょう。転職エージェントを通すことで各社の条件をしっかり確認することができます。

まとめ デジタルマーケティング業界で年収を上げるためのポイント

年収を上げるためには、転職しない場合でも 現職で成果を上げること、スキル・経験を積むことが重要です。
そして転職で年収を上げるためには、以下のポイントが重要です。

・ 自身のスキル・経験を棚卸しして、転職可能性・年収相場を知る
・ 年収が上がりやすい業界・企業を選ぶ
・ 複数社の内定を得る
・ 内定後に年収交渉をする
・ 内定企業の給与制度をしっかり確認する

自身のスキル・経験に合った求人を見つけるためには、デジタルマーケティング業界に精通した転職エージェントに相談するとよいでしょう。
デジマージョブでは、デジタルマーケティング業界の紹介実績が多数あります。各社で現在募集中の求人、募集要項の詳細や選考の流れ・面接対策もお伝えできますので、デジタルマーケティング業界で転職をお考えの方・長期の年収アップをお考えの方はぜひご連絡ください。あなたの志向性・スキル・経験に合った求人をご提案させて頂きます。

広告・IT・WEB業界専門ハイクラス転職ならデジマージョブ

あなたの<未来をアップグレードする>転職をご支援します。
― 年収600〜1000万円までのミドルクラス求人
― 年収1,000万円以上のハイクラス求人