面接で頻出の質問と好印象を狙える逆質問例【就活・転職】

Contents

面接での質問の準備

面接での質問に関しては、事前に準備する事をおすすめします。これから面接でよくされる質問の例を紹介します。しかし、面接で答えられない質問をされる事もあるかも知れません。その場合は、面接後にメモをしておいて答えられる様に工夫しておく事が大事です。

面接でよく質問される例

・会社・職種・業界の志望動機
・当社以外に志望している企業
・自分自身の長所と短所
・職務経歴
・退職理由
・他人からはどんな人物だと言われているか
・自身のこれからのキャリアプラン
・働く際に重要視している事
・残業は問題ないか
・ニュース
・何か質問はないか

面接ではよくされる質問があります。これらの質問は、答えられる様に準備しておく事が大事です。質問の回答を考える時には、志望企業の求めている人物像を知った方が良いです。

加えて、質問を回答する時にはネガティブな物にならない様に気をつけた方が良いです。退職理由等に関しては、そのような回答をしがちなのです。勿論、説明した以外の質問をされる事もあるので注意する事が大事です。

もし、想定外の質問をされても、冷静に対応したい所です。他にも、面接で対応する際にはその態度にも気を配る事をおすすめします。質問に答える事だけに気を取られて、態度が疎かになる事態は避ける事が大切です。

面接の逆質問で好印象を与える為の注意点と例

面接でよくされる質問で、「何か質問がないか」と言う事項を説明しました。面接では、このような質問を受ける機会もあるのです。この質問は面接の終わりにされる事が多い傾向にあります。この逆質問も面接の大事な一環なので、気を抜かない様にする事をおすすめします。

それでは、どのように逆質問の機会に対応すればいいのでしょうか?逆質問の機会の良い対応と悪い対応を紹介します。

逆質問の機会と良い対応

面接の逆質問の機会で良い対応とは、面接官にプラスの印象を与える逆質問をする事です。
そのような逆質問のパターンとしては、逆質問を通して自分の良い所のアピールをする場合や逆質問の内容で意欲を示す場合等が挙げられます。それでは、それぞれに関して具体的な例を伴って説明します。

逆質問を通して自分の良い所のアピールをするパターン

・自分の××と言うスキルは貴社に貢献出来るでしょうか?
・前職では□□と言う経験を重ねて来ましたが、
・御社でより貢献する為に何を磨けば良いでしょうか?

このように自分の良い所を逆質問に組み込んでアピールする形になります。逆質問で自分の良い所をアピールする時には、鼻に付かない様に意識する事も大事です。自分の良い所を組み込んで逆質問でアピールする時には、気を付けた方が良いです。

逆質問の内容で意欲を示すパターン

・入社するまでに身に付けた方が良いスキルはあるでしょうか
・貴社で働く場合に、貢献する為に学んだ方が良い事はあるでしょうか

このように逆質問によって、意欲を示すパターンは色々と考えられます。逆質問で意欲を示したい時の為に、覚えておくと良いかも知れません。

逆質問の機会の悪い対応

まず、面接の時に「何か質問はないですか。」と質問されたとします。この時に、特にありません等の形で逆質問しないのは悪い対応になります。説明したように逆質問の機会は面接の終わりが多いので、疲れてしまって思い付かない等の事態にならない様に注意する事が大事です。ただ、ここで良い対応と悪い対応とに分けているように何でも逆質問すれば、それで問題がない訳ではない事をしっかりと覚えておく事が必要です。

悪い逆質問の例

・調べると簡単に分かる様な内容の逆質問 
・面接の中で説明した内容の逆質問

このような逆質問をすると、面接官の印象は悪くなる可能性があります。まず、調べると簡単に分かる様な逆質問は、その志望企業の大体の主力事業等です。そんな事も知らずに当社志望しているのかと面接官が感じる事が考えられるのです。本当に当社に入社をしたいのかと意欲を疑われてしまう事に繋がりかねません。

志望企業に関して逆質問する場合は、事前にしっかり調べた上で行う事が大事です。また、面接中に説明した事を逆質問する事が何故悪いのかは説明するまでもありません。このような逆質問をうっかり行わない様に、充分気を付ける事をおすすめします。

面接におけるマナー

面接の際には質問に回答する事や逆質問を行う事だけではなく、マナーに関しても注意する事が大事になります。面接の際のマナーが漠然としている方は改めてチェックする事をおすすめします。

面接の時に入室から椅子に座るまでの過程のマナー

面接に時に入室から椅子に座るまでの過程のマナーは、面接前に確認すると良いです。
意外と本番になったら分からなくなる事もあるかも知れません。まず、面接の時のノックの回数は2回或いは3回等とされています。一般的には、面接の時のノックは3回とする傾向にあるようです。そうして失礼しますと言って、椅子の横まで行きます。そうして、椅子に座るように言われてから着席します。

面接官に対する態度

面接官に対する態度もプラスの印象になるように心掛ける事が大事です。
面接官に対する態度の大事な点は、以下の点が考えられます。

・笑顔で対応が出来ているか
・目が合わせられているか
・聞き取りやすい声で話せているか

面接で、声が聞こえない・笑顔で対応できない・目が合わせられない対応になってしまう場合もあるのです。このような対応にならない様に気を付ける事が大事です。よって、本番の面接を迎える前に練習をしておくと良いです。面接の練習は、人に付き合ってもらう形式がおすすめです。また、声を出す練習や顔を笑顔にする練習も行うと良いです。面接の本番では、紹介した点を意識する事も忘れない様にする事が大切です。

面接の時の身だしなみ

面接をする時に質問に回答する事や逆質問をする事で頭が一杯になって、身だしなみに関しては二の次になっていませんか?しかし、面接において身だしなみは大事な要素なのです。面接の前に身だしなみに関しては、しっかりと確認する事をおすすめします。

面接の際に身だしなみで選考にマイナスの影響が出ない様に注意する事が大事です。身だしなみが適当だと、いい加減な人間だと言う印象を与える可能性もあるのです。

それでは、面接の際の身だしなみのどの点に気を付ければ良いか説明します。基本的な部分ですが、服装に関して注意する事が大事です。服装にシワ・シミ・フケの付着・ホコリ等がないか確認します。また、当たり前ですが服装はきちんと着る事が大切です。

更に、髪形に関しても、きちんと整っているかチェックすると良いです。加えて、男女によって気を付ける事が必要な身だしなみが異なっている部分もあります。いずれにせよ、身だしなみは見落としのないように注意する事が大事です。

まとめ

面接を受ける時には、きちんとした身だしなみをする事が重要です。
鏡できちんとチェックする事をおすすめします。
きちんと身だしなみを整えたと思って、チェックしてみたら鼻毛が出ていた等のケースもあるのです。勿論、しっかりと質問や逆質問に対応する事も大事です。

こちらは、本番の面接で何の準備もなしに対応する事は避けた方が良いです。
事前に質問や逆質問に関しては、しっかりと準備する事が大事になるのです。
特に質問の回答に関しては、発声して練習するのも良いと思います。

【広告・IT・WEB業界】転職ならデジマージョブ

未来へ共に歩むパートナーとして転職をご支援します。
●広告代理店・アドテク・媒体社・事業会社・媒体社・WEB制作会社が多数
●年収1000-2000万円のハイクラス求人が豊富
●外資系・高年収・管理職に強み